どうも、ちくわです。


さて、第1回の検討ですが、まずは誰もが気になるであろう、アストルティアの広さ


 










まあ、いくらなんでも地球と同じくらいって事はないだろうけど、北海道くらいはあるのかな?
是非、知りたいところですな。

広さを知る為には、長さの物差しが必要。
幸いな事にアストルティアには特技や呪文の範囲にm、魚のサイズにcmと実世界と同じ単位が定義されている。

これはありがたい( ´ ▽ ` )ノ

呪文や特技は戦闘出来る場所しか使えなそうだったので、物差しとして使い勝手が良さそうな魚を調達してみましょか。

何匹か釣って、切りのいいサイズの魚を選択。結果、102.5cmのスズキをゲット!
いいね、102.5cmならほぼ1mと見れるよ。スズキ!君に決めた!

01_スズキ



後はアストルティア中をスズキで埋め尽くせばおのずとその広さがわかるね!

01_スズキ1スズキ=1m
01_スズキ2スズキ=2m
01_スズキ3スズキ=3m
01_スズキ4スズキ=4m
01_スズキ5スズキ=5m
01_スズキ6スズキ=6m








むりむりむりむり・・・( ̄д ̄)




さて、どうしようか?




なんかいい方法ないかなー?と調べてみたら、予想以上の情報を見つけた。いや、見つけてしまった…

それはこちらのブログ

〜プクリポいわちょのドラクエ10日記〜
http://iwachodqx.blog.fc2.com/blog-entry-111.html
 


こちらのブログの2014/8/14の記事にアストルティアの広さを計測した記事が…

そう!なんと、


既に判明していたのです!アストルティアの広さが!



初回検討からもう既知の事象を検討しようとしてたとは…










や、やってもうた・・・・
263647693




始める前にちゃんと調べないといけないよね…
けどまあ、既に調べられてるって事は誰もが気になるテーマって事で方向性は間違ってないって事だよね?
また科学的な実証は施工回数は多い方がいいよね。
そもそも科学って、そうやって数多くの実験があったからこれだけ発展したんだよね!

だから、僕がもう一回同じことを検証しても意味がある(はずだ)!

と、今更テーマ変えるのも面倒なので、
より正確性を高める為に、このテーマで進めたいと思います。


ふう。




さて、上記のサイトでは、まずドルボードの速度を求め、ドルボードでプクランド大陸を走り回り、その大きさを測定。最後にアストルティアの世界地図のプクランド大陸の比率からアストルティアの大きさを求めました。

結果としては走行速度6m/秒ドルボード8.4m/秒(掲載当時は走行速度の1.4倍だった)で、アストルティアのサイズは25.4㎞×21.5㎞でした。

はい、おもいっきし出てますね、答えがw




けど、めげません( ;∀;)



手法自体も確かめる意味も込めて検証していきましょう


ではまずは速度の算出

01‗速度の求め方

これは小学生で習ったかな?速度の求め方。

速度=距離÷時間ですね。
長さが特定できる場所を走ってその時間を計ればおのずと速度がわかるってわけだ。



折角スズキ君を釣ったのに使わないのは可哀想なので、長さを特定する時にスズキ君を有効活用できる場所を探そう。

スズキ君の1mを生かす丁度いい場所を色々探したら、ありました、ここ。

レンダーシアの海風の洞窟。
01_スズキのサイズ




おおお、スズキ君がぴったりの1m四方の正方形!

このタイル何枚分かで長さを換算できますな!

では、このタイル16枚16mをまずは走って何秒か測ってみよう。

測定1回目 2.98秒=5.37m/秒
測定2回目 2.79秒=5.73m/秒
測定3回目 2.87秒=5.56m/秒

…?


先人達が測定した走行速度6m/秒より、ちょっと遅い…?
ええーどうしてー?
これはどういう事だろう?

うーむ、検証方法が拙いのか?




まあ、肉眼で見てiPhoneのストップウォッチではやはり誤差が激しいか・・・

よし、より正確性を求める為にプレイ画面を録画してコマ送りにしてみよう!

操作端末はキャプチャをとるために、WiiUからPCへ!
操作風景はフリーソフトの「窓録」で録画!
画面上の長さを正確に測るために、これまたフリーソフトの「ピクセル定規」で測定!
録画した画面を100分の1秒単位で確認するために、ムービーメーカーで確認!


その結果…

2.67秒=5.99m/秒速≒6.0m/秒!

おおお!でたでた!
(よかった~、あぶね〜(^_^;))


どうやら手動でやると、目で見てからボタン押すまでのラグが影響しちゃってったみたいだね・・・
ぐぬぬ…僕の反射神経の遅さが原因か…



同じ方法でドルボードを測定しこちらも予想通りの10.2m/秒!
公式の「走行速度の1.7倍」ばっちり満たしてるね!

これで、距離を測定するツールのドルボード速度をゲットしたぜ!


ほっ(´Д`)


ちょっと長くなったので第1回検討は、複数に分けたいと思います。

とりあえず、今日のまとめは


・走行速度は6.0m/秒!
・ドルボード速度は10.2m/秒!
・先人たちは偉大だった!




次回、アストルティアの広さ 【中編】~アストルティアと実世界の速度~ をお楽しみに。